スポンサードリンク

2015年05月31日

【山行記】雷鳥沢の様子など 2015年5月末

2015年5月30日(土)、31日(日)と雷鳥沢に行ってまいりました。

ほんとなら31日には奥大日岳をピストンしようと考えておりましたが、
30日午後からの雨、深夜には暴風雨という具合で、
テントもシュラフもその他いろいろすっかり濡らしてしまいました。

31日朝5時に目覚めた時にもテントをたたく雨の音。

そんなわけで二度寝していて9時に起きると晴れてたんですね。

でも時既に遅しというわけで、
帰りの高速バスの時間もありますから今回は断念しました。

このブログでは珍しい写真を少し。

だいぶ氷が溶けてます。
みくりが池(2015年5月30日)

IMG_0162.JPG

みくりが池温泉の喫茶店でハーフのピザと生ビール飲みました。
1.030円也。
前はもっと安かったような。。。

立山(2015年5月30日)
稜線にはぜんぜん雪がありませんね。
一ノ越山荘のあたりもほとんど見られません。

IMG_0163.JPG

今朝の雷鳥沢のテン場(2015年5月31日)
ワタシのテントを含めおそらく7張りくらいだったでしょうか。
少なかったです。

IMG_0172.JPG

雨に降られて少し残念でしたが、
また雷鳥が愛らしい姿を見せてくれました(2015年5月30日)

IMG_0170.JPG

雷鳥沢で撮りました。
室堂周辺ではよく雷鳥を見かけますね。
でも飛び立つ姿は今回はじめて見ました。

室堂のバスターミナルから雷鳥沢まで。
石畳の道を歩くところが多いですが、
ところどころ雪の上を歩くことになります。
グサグサでとても歩きにくいです。

雷鳥荘から雷鳥沢テン場まで。
雷鳥沢ヒュッテの前を通らずともテン場まで真っ直ぐ降りることができます。
雪はここもグサグサですけどね。
テン場から雷鳥荘まで直登しましたがとても疲れました。

奥大日岳は11月あたりに登りたいですね。


ラベル:室堂 雷鳥沢 立山
posted by たいじ at 23:14| Comment(0) | 山行記 | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

【富山へ】日記

明日、2015年5月29日(金)の夜行バスで富山へ向かう予定ですよ。

もともとは、
薬師岳か黒部五郎岳かの何れかに登ろうかと考えてましたが、
この時期はまだ折立までのバスが運行されてないんですね。
ということでとりあえず室堂まで向かうつもりです。

室堂には何度も訪れていますが、
5年前の9月に苦い思い出がありますね。

剱沢でテントを張って翌日に劔岳をピストン、
テントを撤収して最終17時の室堂発のバスに乗車する予定だったのが
まさかの室堂に辿り着いたのが17時5分ころで。。。
バスに乗り遅れたんですね。

雷鳥沢までテント張りにゆく気力もなく、
かといって現金の持ち合わせがなくって、みくりが池温泉や室堂山荘に泊まることもできず。

もしやホテル立山はカードが使えるんじゃ?って思いつきまして
聞いてみますと使えるんですねカード。
さすがです。

ところが17時過ぎに飛び込みで一人宿泊可能かを確かめますと
満室ですと。

肩を落としてトボトボ出て行っていたところを
フロントの方が追いかけて来てくださいまして、
ご用意できますということで助かりました。
ツインの洋室で27,000円。
たかーい、ですけどやむなしです。

快適な部屋でさすがに食事は豪華で、
大きなお風呂がありまして温泉ではないのが残念ですが、
こんなことでもなけりゃ泊まらない贅沢な宿を経験しました。

まあ二度と泊まることはないと思いますけど、
良い宿ですよ。

今回は雷鳥沢にテント張ります。

そういえば、昨年の6月は一の越山荘で「劔岳点の記」、「春を背負って」の
木村大作さんにお会いしました。
雷鳥荘に泊りましたが、
木村大作さんも同じだったようで翌日に握手していただきました。
とても背の高い方でピッケル片手に達者に歩いてらっしゃいましたよ。

土日、天気が少し崩れそうですが、
奥大日岳にしようと考えています。
posted by たいじ at 21:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

【西穂高岳登山道状況】2015年5月25日の西穂山荘ウェブサイトから

新穂高温泉や上高地から登る西穂山荘。
北アルプスでは珍しい通年営業の山小屋で、
厳冬期でも西穂高岳を目指す登山者で賑わいます。

この山小屋。
およそ1週間単位で登山道の状況をウェブサイトで更新してくれていますから有り難いですね。

2015年5月25日(月)の状況はというと。

新穂高ロープウェイの山頂駅から西穂山荘までの登山道では、
まだしっかりと残雪ありとのことですよ。
一部に土が見えるようですが、
大部分は雪の上を歩くことになると。
トレースはばっちりみたいですが雪面が固くしまってすべりやすいので、
軽アイゼンを用意するとのこと。

軽アイゼンというのが少し意外ですね。

軽アイゼンで事足りるのでしょうが、
残雪期の北アルプスを登るような方って軽アイゼン持ってるのでしょうかねえ。
12本爪は大げさということかもしれませんが、
なんとなく軽アイゼンは歩きにくいような気がします。

上高地から西穂山荘までの登山道はトレースがはっきりしないようです。

雪が腐ってすかすかみたいですから、
踏み抜きに注意が必要なようです。
ヘタすると身体まるまるズボッと抜いてしまって自力で脱出できないなんてこともありますから、
気を付けなければいけませんね。
過去に同行者が身体ごと落ちて引っ張りだしたことがあります。

西穂山荘から西穂高岳山頂までは夏道で、
ほぼ雪はないみたい。
アイゼン、ピッケルも不要とのこと。
落石、浮石には要注意。

西穂高岳は北アルプスでも比較的易しくて、
北アルプスの入門コースだなんてよく言われますが、
山頂直下など慣れない登山者が立ち往生しているのを見かけることがあります。
登れても下りが怖いんですね。

山を始めたばかりの人は慣れた方に引率してもらうのがよいですよね。

でも、
最近、山始めましたって方が、
経験も積まずに北アルプスに来られるケースも多いようですから、
もっと低山を歩いてから来て欲しいものです。

劔岳のカニの横ばいの渋滞もひどいもので、
なんとかならぬかと思ったりしますがなんともならぬでしょうね。
PEAKSなんて雑誌が出版されるようになって、
岳人が休刊に追いやられる時代ですものね。
(休刊ではなくってモンベルが引き継いでましたね)
posted by たいじ at 02:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


タグクラウド
GPS MAMMUT RAVINA THE NORTH FACE あずき沢 うつくしま百名山 えびの高原 くじゅう連山 ぐんま百名山 ふじあざみライン やまがた百名山 アラスカ インターネット登山届 エベレスト ガイド クマ グッドデザイン賞 グラビティリサーチ グランデコスキーリゾート グレーディング コンパス コース外 ゴールデンウィーク ザイテングラート シェルター ジャンダルム スノーピーク チャムラン テン場 トレイルランニング ドローン ハチプロダクション ハーケン バックカントリー ヒマラヤ ヒマラヤ山脈 ピッチマップ ピラミッドピーク ヘリ ヘリコプター ヘルメット マイカー規制 マナスル モンベル ヤマケイ ヤマタイム ヤマノススメ ヤマレコ ライチョウ ロングトレイル ワンダーフォーゲル部 三嶺 三重県 上高地 上高地トンネル 下呂市 下山届 世界文化遺産 世界自然遺産 世界遺産 両神山 中央アルプス 中山 中房温泉 串田孫一 丹沢 乗鞍スカイライン 乗鞍岳 九州歯科大学 五の池小屋 五葉山 京都府 仙丈ヶ岳 伊吹山 伊那市観光株式会社 低体温症 佐賀県 保塁岩 傾山 入山料 入山規制 八ケ岳 八ヶ岳 八方ヶ原 八海山 八甲田山 八経ヶ岳 六甲 六甲山 兵庫県 凍死 初冠雪 初雪 利尻山 前武尊山 前穂高岳 剣山 剱岳 劔岳 加藤文太郎 勝負塚山 北アルプス 北岳 北沢峠 北海道 北穂高岳 十二ヶ岳 十勝岳 千畳敷 千葉県 南アルプス 南アルプス林道バス 吉田口 吾妻山 唐松岳 噴火 噴火警戒レベル 国土地理院 土合 土合駅 地図 地形図 地獄谷 埼玉県 塩見小屋 塩見岳 大分県 大台ケ原 大山 大峰山 大峰山脈 大阪府 大雪山 大雪山グレード 大雪山系 太平山 奈良県 奥多摩 奥穂高岳 女人堂 好日山荘 妙義山 妙高山 学校登山 安曇野市 安達太良山 宝剣岳 室堂 宮城県 宮崎県 富士スバルライン 富士ノ折立 富士吉田市 富士宮口 富士山 富士山スカイライン 富士山保全協力金 富士山安全指導センター 富士山頂 富士登山 富山県 将棋頭山 小化雲岳 小沢岳 小谷村 尾瀬 尾白川渓谷 屋久島 山と渓谷社 山と高原地図 山の日 山スキー 山小屋 山岳ガイド 山岳事故 山岳保険 山岳遭難 山岳部 山形県 山梨百名山 山梨県 山梨県警 山開き 岐阜県 岩山 岩手山 岩手県 岩木山 岩櫃山 市房山 常念岳 常時観測火山 幌尻岳 広河原 弥山 弥陀ヶ原 弾丸登山 後立山 御在所岳 御岳ロープウェイ 御岳山 御嶽山 御嶽頂上山荘 御殿場口 徳島県 徳沢 恵庭岳 恵那山 愛媛県 扇沢 指定山岳 指定登山道 携帯電話 斜里町 新潟焼山 新潟県 新田次郎 新穂高ロープウェイ 新穂高登山指導センター 日光 日光白根山 日本山岳ガイド協会 日本百名山 日本雪崩ネットワーク 日高山脈 早月尾根 早池峰山 早稲田大学 旭山 旭岳 月山 朝日岳 木曽町 木曽駒ヶ岳 木曾町 東丹沢 東京農業大学 東京都 杵島岳 松倉岩 松本 栃木県 根子岳 根本山 棒ノ折山 森吉山 植村直己 榛名山 槍ヶ岳 横岳 武奈ヶ岳 武尊山 残雪 比良山 比良山系 毛無山 気象庁 氷ノ山 沢登り 浅間山 海別岳 涸沢 涸沢ヒュッテ 涸沢岳 温泉 湯俣川 滋賀県 滋賀県警 滑落 火口周辺警報 火山 火山性地震 火山性微動 火打山 烏帽子岳 焼岳 熊本地震 熊本県 熊鈴 燕岳 爺ヶ岳 王滝村 由布岳 甲斐駒ヶ岳 甲武信ヶ岳 男体山 登山 登山安全条例 登山届 登山計画書 白山 白弓スキー場 白老岳 白馬 白馬乗鞍岳 白馬大雪渓 白馬岳 県営林道南アルプス線 県道南アルプス公園線 真砂岳 石川県 石裂山 石鎚山 石鎚山脈 硫黄山 硫黄岳 磐梯吾妻スカイライン 磐梯山 祖母山 神奈川県 神楽ヶ峰 福井県 福岡県 福島県 秋田県 穂高岳山荘 空木岳 立山 立山黒部アルペンルート 笈ヶ岳 笙ヶ岳 笹ヶ峰 米原市 経ケ岳 羊蹄山 群馬県 自力下山 至仏山 英彦山 茨城県 荒船山 落石 蒜山三座 蓮華岳 蔵王山 蝶ヶ岳 行方不明 西大巓 西穂山荘 西穂高岳 西駒山荘 西駒山荘石室 観音岩山 谷川岳 赤岳 転倒 転落 退避壕 道迷い 遭対協 遭難 避難小屋 那須岳 酉谷山 金剛山 金立山 針ノ木岳 針ノ木雪渓 鈴鹿山系 鋸山 長崎県 長野県 長野県山岳総合センター 長野県警 開山式 開山祭 阿仁スキー場 阿弥陀岳 阿蘇 阿蘇山 雄山 雌阿寒岳 雨飾山 雪の大谷 雪崩 雪洞 雷鳥 霧島連山 青森県 静岡市 静岡県 須走口 飯豊山 飯豊連峰 馬場島 駐車場 駒ケ岳ロープウェイ 高妻山 高尾山 高山病 高田山 高知県 鳥取県 鳥海山 鳳凰三山 鶴見岳 鹿児島県 鹿島槍ヶ岳 黒岳 黒沢口登山道
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。